シミ・そばかすの原因と種類

シミとは、メラニン色素の沈着のことを言います。ですが、シミはすべて同じではなく、タイプによって原因や特徴がちがいます。

シミ、そばかす原因

シミ・そばかすの種類

肝斑

左右対称に、目の周りを避けて出るのが特徴です。女性ホルモンが関係していると言われています。似ているものに、対称性メラノサイトーシスというものがあります。太田母斑とも言い、実はアザの一種だそうです。左右対称にあるため、肝斑と見間違うことがよくあります。

老人性色素斑

別名は日光黒子と言います。平らでシミ以外の皮膚との境界がくっきりした黒っぽいのが特徴です。長期間、紫外線対策を怠ったためにできてしまったもので、放っておくと段々と濃くなっていきます。

雀卵斑(そばかす)

直径数ミリ以下の丸くて小さいシミが集まっているのが特徴です。幼児の頃から出始めて、思春期に特に目立つようになります。遺伝的要因が強く、紫外線を浴びると濃くなります。

炎症後色素沈着

ニキビや湿疹・かぶれなどによる肌の炎症の刺激によりメラニン色素が沈着し、褐色のシミになります。自然と消えてしまうことが多いのですが、いつまでも残ってしまうものもあります。

光線性花弁状色素斑

強い紫外線を一気に浴びた後にできる淡い褐色から黒褐色のシミです。花びらが散ったような形からこの名前がついたようです。

シミ・そばかすのセルフケア

紫外線対策

紫外線は一年中降り注いています。日常的に日焼け止めを塗るのが良いでしょう。日傘や帽子を活用するのも良いですが、照り返しの紫外線は地面からも浴びます。UVカットの化粧品を選んで使用すると効果的です。

強い紫外線を浴びて日焼けをしてしまったら

ヒリヒリと痛んだり真っ赤に腫れあがったり水ぶくれになってしまった場合は、火傷と同じなのでよく冷やして下さい。その後、様子をみてクリニック等を受診しましょう。

強い刺激を与えないようにする

シミを悪化させることもあるので、ゴシゴシと擦ったり、基礎化粧品を雑にすり込んだりしてはいけません。ひどい場合は炎症をおこし、シミをさらに濃くしてしまうこともあります。

食事に気をつかう

ビタミンC・ビタミンEが多く含まれる食材や抗酸化作用のある物質が多く含まれる食材を摂取しましょう。例えば、トマト・ブルーベリー・鮭・大豆・海草・ゴマなどがあります。

外用薬

ハイドロキノン(美白効果)・レチノイン(ピーリング効果)などがあります。効果が高いものは副作用がある場合がありますので、クリニックに相談しましょう。

内服薬

ビタミンC・B2・EやL-システインなどがあります。

クリニックでの治療について

シミはクリニックで治療を受けることができます。レーザー治療やケミカルピーリング・ビタミンイオン導入など、シミの原因や種類またはクリニックによっても異なります。その際、健康保険適用外のため自由診療となり、クリニックによって治療費に差があります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ