シミ・そばかす対策で知っておきたいメラニンの関係

シミ・そばかすって嫌ですよね。ふと鏡を見た時にいつの間にか出来ているのを見つけてショックを受けたり、年齢とともに段々多くなってきたな~と感じたり…すぐに綺麗さっぱりと無くすことなんか出来ないし、そもそも出来るのは仕方のないことだと諦めていませんか?でも時間はかかりますが、きちんとケアをすれば元に戻ることもあります。

その前に、そもそもなぜシミ・そばかすが出来るのかを知っておけば、未然に防ぐことが出来るのではないでしょうか?

sukin

シミ・そばかすの正体はメラニン

メラニン」という言葉、一度は聞いたことがありますよね。日焼けには必ずといっていいほどついて周る言葉です。ちょっと難しいですが、チロシンがチロシナーゼという酵素とくっついてできる色素成分の一つです。

紫外線がきっかけで生成されますが、なぜそれがシミ・そばかすの原因になるのかメラニンのメカニズムからひも解いていきますね。

メラニンはどうやって出来る?

私たちの肌の中には「角化細胞ケラチノサイト」というものがありますが夏の強い日差しを浴びるなどして大量の紫外線を受けると、ある指令を出します。

それは、表皮の最深部ににある色素細胞(メラノサイト)にメラニン色素をたくさん作らせるというものです。過度の紫外線はもちろん身体に良くなく、メラニン色素はお肌を守るために出来るのですね。

ではメラニンとはそもそも何なのかと言いますと、「チロシン」というアミノ酸です。タケノコを料理したことがある方ならピンとくるかも知れませんが、切ると出てくるあの白いものがそうです。お肌の中にもあるこのチロシンが、指令によってチロシナーゼという酵素と合成を繰り返していくうちに、最初は白かったのに段々と真っ黒な「真性メラニン」に変わっていきます。

だから日焼けすると黒くなるんですね。新陳代謝が活発で、お子さんような若い健全な肌ならいいのですが、加齢に伴う代謝後退あるいは敏感肌のような場合は、日焼けの時期が終わっても代謝しきれずに黒い色素が肌の中に残ります。これがシミ・そばかすの正体です。

他に原因はないの?

メラニンが出来る仕組みと、肌の中に残ったメラニンがシミ・そばかすなんだという事はお解りいただけたと思います。それならメラニンを作らせなければ問題ないという事になりますよね?

作らせない=日焼け対策」をすればいいんじゃない?と考えますが、残念ながら他にも要因があります。生活の中の色々なストレス、何の気なしに摂取している食事の中の食品添加物、年齢によるもの、などが原因で出来る「活性酸素」も紫外線同様、メラニンを作らせる刺激になります。年齢は誰しも仕方の無いことですが、上手にストレス発散をするとか、食材にも気を使うことでリスクを減らせそうですね。

一方、そばかすはシミと違って民族的・家系的な遺伝の要素も含まれてきます。小さいころからそばかすがあったな~という方はもしかしてそうかも知れません。そういう方にとっても、やはり紫外線や活性酸素はそばかすを増長する要因ですが、シミと全く同じスキンケアをしていてもあまり改善が期待できないこともありますから、念頭に置いておくといいでしょう。

危険の多い敏感肌

細かく言えば、ニキビ跡や肝斑など他にも原因があります。しかし主要因である紫外線に焦点を絞ると、敏感肌の人はやはり紫外線に対しても弱く、シミ・そばかすが出来やすい状態です。量にもよりますが、通常の肌であれば紫外線に当たって9時間後には大体落ち着いた状態になるのに対し、敏感肌の場合はまさしく火傷したような、赤くほてった状態が続いています。

海水浴場やプールで、背中や顔を真っ赤にして、あ~日焼けしたなと感じさせる方を見ることがあると思います。一週間もたてば大抵の人はほとんど元の状態に戻りますが、敏感肌の場合は過剰に反応してたくさんのメラニンが出来ている状態なのでシミ・くすみが残ってしまうのです。

ですからご自分で敏感肌だと思っていらっしゃる方は、日焼け防止剤を塗るとか日差しを避けるなどの予防をするのはもちろん、
日焼けしてしまったあとは、保湿と美白を重視した化粧水を早めに使うなど、普通の人よりも念入りなお手入れが必要です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ