美白成分で厚生労働省の認可しているもの

「シミやそばかすを消したい。」「シミ・くすみを予防したい。」
そんな場合、美白化粧品はどれを選んだらいいのでしょうか。

美白成分

シミ・そばかすの予防効果のある美白成分で厚生労働省の認可を受けているものは、大きく分けて2種類あります。

まず一つ目は、シミやくすみを作り出しにくくする働きのあるもの。この働きをメラニン生成抑制作用といいます。

また、メラニン生成抑制作用には、メラノサイト(メラニンを生成する組織)にあるチロシナーゼ(酸化酵素)の働きを抑える成分と、紫外線等の刺激を受けたという情報伝達を阻害するものに分けられます。

メラニン生成抑制作用

チロシナーゼの働きを抑える成分
プラセンタエキス ビタミンC誘導体 アルブチン
エラグ酸 ルシノール コウジ酸
リノール酸 マグノリグナン
刺激の情報伝達を阻害する成分
トラネキサム酸 カモミラET t-AMCHA

美白化粧品を選ぶポイント

今あるシミ・そばかすを消したい薄くしたいという場合と、シミやくすみを予防したいという場合は成分が違うので、目的によって選ぶ化粧品も違ってきます。ビタミンC誘導体に関しては、どちらにも属しているので両方の効果を期待する場合には、選ぶ基準になるかもしれません。

上記の厚生労働省の認可を受けた美白成分が配合されている化粧品は、医薬部外品と言われているものです。効果は、医薬品より緩和されていて化粧品より強化されている、という位置づけです。言い換えれば、医薬品より安心して使用することができて化粧品より効果が期待できる、ということになります。効果の表れ方も人によりますし、美白成分の配合量にもよります。そこを踏まえて使用することが大事です。

もう一つ大事なことは、肌の状態や肌質または季節によって過剰な刺激を受けてしまうこともあります。もし使用してお肌に異常が表れた場合には、すぐに使用を中止してください。「使っているうちに治るかも」と、お肌のSOSのサインを無視して使い続けてしまい、シミを悪化させてしまっては元も子もありません。状態によっては、皮膚科医を受診したほうが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ