シミ・そばかすに効果的な成分

シミ・そばかすに効果があるからといって、どの美白化粧品を使っても同じ効果を期待できるのでしょうか。美白化粧品に使用されている成分は、さまざまなタイプがあります。シミを消す成分、シミを予防する成分、シミをできにくくする成分などを見極めて選ばないとなりません。どのようなものがあるのでしょうか。

しみ、そばかす成分

トラネキサム酸・カモミラET

紫外線を浴びた・炎症を起こしたなどの情報が、メラニンを作り出す表皮層のメラノサイトという場所に届くのを防ぐという効果があります。これらは、シミの発生を予防する成分です。

ハイドロキノン・ビタミンC誘導体

紫外線等により、刺激を受け化学反応で酸化されて黒褐色になったメラニン色素を、無色に還元し淡色化するという効果があります。これらは、シミを薄くする成分です。

レチノール・エナジーシグナルAMP

ターンオーバーを促進し、メラニンを排出させる効果があります。肌の生まれ変わりを促進させる成分です。

ビタミンC・ハイドロキノン・アルブチン・コウジ酸・エラグ酸・ルシノール

メラノサイトにあるメラニン色素を作り出す酸化酵素(チロシナーゼ)を抑制する効果があります。黒色メラニンを防ぐ働きのある成分です。

美白化粧品で消す効果が期待できるシミは、紫外線などの刺激による表皮にできたシミであり、体内からの原因で真皮にできたシミには効果がありません。その場合はクリニックで治療するといった方法があります。美白化粧品といっても、メーカー・ブランド等多々ある中からどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そんなとき、選ぶひとつの目安として「医薬部外品」の表示があるものをおすすめします。「医薬部外品」には厚生労働省が認可の「薬用美白成分」が配合されていますので、選ぶ際にチェックするポイントになります。厚生労働省に認可の薬用美白成分には次のようなものです。
ハイドロキノン トラネキサム酸 アルブチン
コウジ酸 リノール酸 エラグ酸
プラセンタエキス カモミラET ビタミンC誘導体
見たことのある名前や、まったく知らない名前があると思いますが、「医薬部外品」には上記の成分が配合されています。選ぶ際には是非参考にしましょう。美白ケアの一つのポイントは、選ぶアイテムですが、もう一つ大事なポイントがあります。せっかく効果の高い美白化粧品でスキンケアをしても、保湿が充分でないと高い効果を発揮できません。スキンケアの基本中の基本、保湿はとても大事です。保湿を充分にして美白化粧品の効果を高めれば、目指しているキラキラ美肌に近づいていくことでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ