しわとたるみの関係性 コラーゲンやエラスチンと皮下脂肪

顔のたるみやしわ。鏡を見てがっかりした経験があるという人もいらっしゃるでしょう。目の下や首などのしわ、ほうれい線は、顔の筋肉のたるみが原因でできてしまいます。

また、初めのうちは、比較的薄い小じわだったものが、いつの間にか、たるみが原因での、深いしわへと変化していきます。ではなぜ、顔がたるんだ時にできるしわが、一番深くなるのでしょうか。

真皮層にあるコラーゲンとエラスチンが減少

コラーゲンやエラスチン

真皮層には、お肌のハリやうるおいを保つために必要な成分が存在しています。

コラーゲンやエラスチンなどは保湿機能を持ち、水分を保つことで、お肌のハリや潤いを維持することができるのです。

これらの成分が減少する原因のひとつに紫外線があります。紫外線を浴びることで、活性酵素が蓄積されて成分が破壊され、保湿機能を弱めます。また、寝不足などの内的要因も原因となります。

たるみを改善する為には、真皮層のコラーゲンとエラスチンを維持することです。その為には、できるだけ紫外線を浴びないようにすることです。夏に限らず、あるいは薄曇りの日であっても、外に出る時には油断せず、日焼け止めを塗ったり、日傘や帽子を使うようにしましょう。

生活習慣の見直しも必要かもしれません。きちんとした食事や睡眠などを心掛けることはもちろんのこと、ビタミンC誘導体が、コラーゲンに有効です。

コラーゲンやエラスチン

皮下脂肪の増加

お腹や腕など体の余分な脂肪は、スポーツジムに通ったり運動をすることで、落とすこともできますが、顔の皮下脂肪を落とすのは容易なことではありません。
新陳代謝は、加齢とともに低下しますので、皮下脂肪も溜まりやすくなり、溜まった脂肪が重力により垂れ、たるみとなり、やがてしわへとなっていってしまうのです。

皮下脂肪を増やさないよう、日ごろから顔の筋肉をほぐすような運動を行うようにすると、効果があります。

たるみを医療クリニックで治療する

すぐにでも、顔のたるみをなんとかしたいという場合には、クリニックで治療するという方法があります。

治療方法には、赤外線で真皮に働きかけコラーゲンを増やす方法や、超音波を用いる方法など、さまざまなものがありますが、クリニックでの治療は、効果を早く実感をすることができます。ただし、施術は継続しなければなりません。

効果的なのは、偏った対策に固執しないこと。たるみやしわの原因は、どれかひとつに特定できるものではありませんし、複数の要因が重なっているもの。対策に足りない部分があれば、思ったような効果は現れにくいものです。


サブコンテンツ

このページの先頭へ