たるみの原因は年齢と紫外線

最近、老けて見られることが多くなったな、ということはありませんか。以前は、ハリのあった頬の肉も、このままでは将来ブルドックのような顔になってしまうかも…、などと焦ったり不安に思ったりしたことはありませんか。

顔がたるむ原因には、「肌のハリの衰え」「筋肉の衰え」「姿勢の悪さ」などいくつか考えられるのですが、ここではその原因と解消方法についてご紹介したいと思います。

しみ、そばかす

肌は、外側から順番に、表皮、真皮、皮下組織というふうに層状になっています。表皮の内側にある真皮層は、コラーゲンがほとんどを占めていて、さらにエラスチンというたんぱく質と、その間を水分を蓄えたゼリー状のヒアルロン酸が満たしており、それらの成分が十分に保たれていることで、肌のハリを維持することができます。

肌のハリを失う要因は、日常生活のあらゆるところにあります。加齢など、自分ではどうしようもないこともありますが、防げるものは防ぐ努力をした方がいいでしょう。

紫外線によるたるみ

たるみ
まず、紫外線が肌に良くないということは、皆さん知っていることだと思いますが、紫外線(UVA)は、真皮層まで届きます。

コラーゲンなど肌のハリを保つために必要な成分を作る細胞を繊維芽細胞といいますが、紫外線は、線維芽細胞を損ない、それら肌には欠かせない成分を作り出す量を減らすばかりか、それを分解する酵素までも作り出し、その結果、肌のハリが失われていきます。

さらに、生活習慣病という言葉もあるくらい、生活習慣の乱れはお肌だけではなく、体にさまざまな悪影響を与えます。

線維芽細胞が、コラーゲンなどの成分を作る為には、たんぱく質やビタミンCなどの栄養素が必要となりますので、食生活が不規則だと、線維芽細胞に栄養が届かなくなります。また、睡眠も大事です。寝ている間に、肌再生を促す成長ホルモンが分泌されやすいので、質の高い睡眠を取るよう心掛けましょう。

また、真皮層の水分をしっかりと保つためには、肌を乾燥させるのはよくありません。肌の乾燥対策と保湿対策をしっかりと行うことで、たるみの防止にもつながります。

加齢によるたるみ

要因の最後は加齢ですが、こればかりはちょっと何ともしがたいところです。真皮に含まれるヒアルロン酸は、保水力に優れた成分で、肌のぷるぷるした弾力性や、みずみずしさを保ちます。赤ちゃんの時に最も多かったヒアルロン酸は、加齢とともに減少しますが、30代から急激に減り始め、40代では半分くらいまでに減っています。

顔の筋力には表情筋と深層筋という2種類の筋肉があり、それぞれ役割が異なります。表情筋は、その名前からもわかりますが、表情を作っている筋肉で、皮膚についています。深層筋は表情筋と骨の間にあって、表情筋を支え、血液を循環させる役目もあります。

表情筋は、表情筋の上の脂肪や皮膚といったものを支えています。深層筋はその表情筋を支え、肌に栄養を届けています。表情筋と深層筋が衰えるということは、そういった役割を果たせなくなり、肌のたるみに繋がります。

顔がたるむことには、姿勢も関係しています。デスクワークで1日中パソコンの前に座っているという人もいらっしゃるでしょう。その時に、猫背であったり、悪い姿勢を続けていると、見た目が美しくないばかりか、顔がたるむ原因となります。

顔は、首から背中まで繋がっているので、猫背でいるといつも体が下に引かれている状態となり、二重アゴやほうれい線、頬がたるむといった症状を引き起こします。

美白化粧水

顔のたるみは、なにか1つの原因で起こるというわけではなく、いろいろな要素が混じり合って引き起こされています。たるみを予防するために効果的な方法には、以下のようなものがありますが、美しい肌になる為にも、食事や睡眠といった日々の生活をきちんとするよう心掛けることも大事といえます。その上で、たるみに効果のあるマッサージなどを行うことで、たるみを解消することができるでしょう。

たるみを解消するポイント

顔のたるみを解消する為には、

  • 日傘や帽子、日焼け止めなどで、きちんと紫外線対策をする
  • バランスの取れた食生活を心掛ける
  • 質の良い睡眠を取る
  • 肌の保湿ケアをしっかりとする
  • 顔の表情筋や深層筋をエクササイズなどで鍛える
  • 立っている時も座っている時も、常に正しい姿勢を意識する
  • 顔のマッサージや頭皮マッサージを行う
  • といった方法がありますので、試してみてください。


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ