にきび跡のしみ・色素沈着にはスポット美白化粧品

にきび跡がシミになる?

にきび跡のシミや、やけど跡が、茶色く残ってしまったシミを、炎症性色素沈着と呼びます。かさぶたの下が、茶色くシミのようになっていたという場合も、炎症性色素沈着によるものですが、これらは子供や若い頃であれば、ほとんどが、肌のサイクルと共に自然と消えていきます。

しかし、ニキビを潰すなどの、過度な刺激を与えてしまったり、加齢による、ターンオーバーの乱れなどにより、肌のサイクルで改善することなく、メラニン色素が沈着してしまい、シミが残ってしまう事もあります。

にきび跡のしみ

にきび跡のしみが残ってしまう原因は色素沈着

にきび跡の色素沈着

にきび跡のシミ

ニキビにより、細胞が傷ついたため、肌細胞を守ろうとして、大量のメラニンが生成されます。ターンオーバーによって、正常にメラニンが排出されれば、シミとして残りませんが、ターンオーバーが滞っていると、そのままシミとして残ってしまいます。
このように、ニキビ跡は、ターンオーバーが正常に行われる事により、過多となったメラニンを排出して、綺麗になるのですが、それがうまくいかない事で、シミとして肌に残ってしまいます。

にきび跡のしみの美白ケア

にきび跡のシミ対策

既に出来てしまった、濃いシミを薄くしたり、消す効果が期待できるハイドロキノンは、その抜群の美白効果が話題となり、皮膚科などでも、シミ取り剤として処方されています。ニキビ跡のシミには、即効性もあり、安全性も確保された、安定型ハイドロキノンが配合されている、美白化粧品が効果的です。
にきび跡のしみ

にきび跡のシミ予防

また、ビタミンC誘導体は、メラニンの生成を抑制し、抗酸化作用により、黒ずみを予防・改善するだけでなく、コラーゲンの生成を促進させ、毛穴を目立たなくしてくれます。

ニキビ跡による、シミを消すための化粧品選びのポイント

シミを薄くしていく効果のある、ハイドロキノンを配合した化粧品を選ぶ。
アルブチンなどの、ハイドロキノン誘導体で、肌の奥へ浸透させるものを選ぶ。

ニキビ跡のシミ消し化粧品選びのポイントは、ハイドロキノンが含まれているか?

にきび跡の色素沈着

このように、にきび跡やシミに有効な成分をうまく利用し、気になるシミを改善することができます。

にきび跡のシミ対策の美白化粧品おすすめは?

安全に「にきび跡のシミを消す&薄くしたい」なら、安定型ハイドロキノンの、アンプルールがおすすめです!にきび跡になってしまった、色素沈着を、しみの消しゴムと言われている、ハイドロキノンが働きかけます。

既にあるニキビ後のシミにスポット美白

安定型ハイドロキノンで、にきび跡のシミを薄く消していく。アルブチンも配合で肌の奧まで浸透します。特にスポット美容液(HQ110)の効果がスゴイ。

これからのシミが出来ないように徹底ブロック

2種類のビタミンC誘導体が、メラニンの生成を抑えてくれます。新しいシミが、出来づらい肌に導き、しみ予防に効果的です。

モンドセレクション金賞受賞。NO1美白化粧品

にきび跡の色素沈着

今ならトライアルセットが、1,890円。


サブコンテンツ

このページの先頭へ