アンプルールとビーグレンどっち?徹底比較

アンプルールとビーグレンはどっちがおすすめ?

シミやくすみなどに、効果的な美白化粧品を探している方は、アンプルールとビーグレンに辿り着く方も多いと思います。

2つとも、シミ消しなどで、非常に効果の高い、ハイドロキノンを配合しているという点で、どちらの美白化粧品を選べばいいのか、迷ってしまう方も多いと思います。

アンプルール ビーグレン

当サイトでは、そんな方の参考になるように、アンプルールとビーグレン比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

アンプルールとビーグレン

アンプルール

アンプルール

アンプルール

アンプルールの特徴

2014年モンドセレクション金賞受賞
安定型ハイドロキノンによる、高い美白効果と、安全性を両立する事に成功。アンプルールの安定型ハイドロキノンなら、妊娠中の方や、敏感肌の方にも安心して使え、肌に優しく美白ケアが出来ます。皮膚科の先生が開発したコスメで、日本人の肌に合わせた美白化粧品です。

おすすめポイント
安定型ハイドロキノンによる高い効果と、安全性を両立。
クインテシンとα-リポ酸で、肌の保湿を高めながら美白&美肌。
全体的な美白ケアと、シミなどのポイント美白「点と面の美白」が実現

成分
安定型ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、クインテシン、α-リポ酸など
トライアルセット
・メイク落とし・洗顔・美白化粧水・美白美容液・美白クリーム・スポット美容液・日焼け止め

ハイドロキノン 2.5%(安定型)
スポット美白 アンプルールとビーグレン1
肌への優しさ アンプルールとビーグレン1
トライアルお得度 アンプルールとビーグレン1

ビーグレン

ビーグレン

ビーグレン

ビーグレンの特徴

アメリカ製の美白ケア化粧品
ビーグレン独自の、浸透テクノロジーのQusome(キューソーム)の効果で、浸透力がUPして、即効性も上がりました。その他の成分も、Qusome化している事で、肌への浸透力が高く、同じ成分量でも効果的です。 妊娠中や授乳期は、医師に相談が必要です。

おすすめポイント
各成分をQuSome化することで、肌の奧まで浸透しやすくなりました。
シムホワイト377により、シミ予防に高い効果。
ハイドロキノンによる、高い美白効果。

成分
ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、シムホワイト377、レチノールなど
トライアルセット
美白化粧水・美白美容液・美白クリーム・美白化粧下地UV

ハイドロキノン 1.9%(Q化)
スポット美白 アンプルールとビーグレン1
肌への優しさ アンプルールとビーグレン1
トライアルお得度 アンプルールとビーグレン1

おすすめはアンプルール

総合比較|アンプルールがおすすめ

敏感肌の方にも使える低刺激。
高い保湿力で、潤いのある美白肌に導きます。
安定型ハイドロキノンで、安心して美白ケアが出来る。
ハイドロキノン濃度が2.5%で、より高い美白効果。
日本の皮膚科の先生が開発した事で、日本人の肌にピッタリ。

 当サイトでは、以上の5つのポイントにより、総合的に「アンプルール」をオススメします。

安全性、美白力、低刺激、保湿
これら全ての点で、アンプルールがオススメ!

アンプルールとビーグレン

今あるメラニンを薄くする美白ケア

美容皮膚科でも使用される、安定型ハイドロキノンで、今あるシミや、くすみの元(メラニン)を徹底美白します。

これからのメラニンを抑える美白ケア

「α-リポ酸」と「クインテシン」により、メラニンの生成を予防しながら、潤いある美肌に導きます。

モンドセレクション金賞受賞。NO1美白化粧品

アンプルールとビーグレン比較

今ならトライアルセットが、1,890円。


サブコンテンツ

このページの先頭へ