ヒト型セラミドとは?

ヒト型セラミドとは?

最近、セラミド配合の化粧品が増えています。肌の表層にあたる角質層にあって、細胞と細胞をつなげる役目をする細胞間脂質に含まれる成分の一つです。こんな重要な役目をするセラミドを肌に塗布することは、細胞レベルに働きかけるのですから、角質層の水分保持力を高めてくれるのは明らかですね。

ヒト型セラミド

そんなセラミド、化粧品に配合されているものは4種類あります。天然セラミド、合成セラミド、ヒト型セラミド、植物性セラミドです。そのなかの一つ、ヒト型セラミドは、酵母を利用して生成されたものです。どうしてヒト型といわれるのか、といえば、ヒトの細胞間脂質に含まれるセラミドとほぼ同じ化学構造をもっているためです。こういうヒト型セラミドですから、他の種類のセラミドよりも保湿力にすぐれ、刺激も少ないのが特徴です。

今までのヒト型セラミド

高い保湿力があるヒト型セラミドは、アトピーや敏感肌、重度の乾燥肌を解消するのにとても役にたつものです。また、加齢にともない減少するセラミドを補うことで、年齢を感じさせない肌になることも期待できます。

しみ、そばかす

ただ、ヒト型セラミドは脂質に含まれるものですから、水にまったく溶けないという性質をもっています。また、細胞と細胞をつなぐ役目という特殊性があるせいか、他の成分となかなか馴染まない、つまり溶解性が低いという性質もあります。そのため化粧品に配合することがむずかしく、配合しようとすると多くの油や乳化剤を使用する必要があり、その分、角質層への浸透性も十分ではありませんでした。

こんなことから、ヒト型セラミドよりも、石油原料から化学合成した疑似セラミドや微生物由来の糖セラミドの方が化粧品に使用されてきました。ただ、これらのセラミドはヒト型ではないので、角質層にあるバリア機能であるラメラ構造を修復させるほどの機能はありませんでした。

ヒト型ナノセラミドの誕生

化粧品への配合のむずかしさ、それにともなう浸透性の不十分さという問題があったヒト型セラミドを、ディセンシアは独自の技術により「ヒト型ナノセラミド」として新たに開発しました。「ヒト型ナノセラミド」とは、ヒト型セラミドをナノ化して世界最小サイズで高濃度分散したものです。つまり、浸透しやすいように、そして配合しやすいようにしたわけです。

実験によると、従来のヒト型セラミドの約9倍も浸透性が高まったようです。また、それだけではなく、水分層と脂質の層が交互に重なりあってバリア機能をはたしている角質層のラメラ構造を整える役割もあることが確認されています。
セラミドは、まだまだ発展していく可能性を秘めています。よりヒトのもつセラミドに近づくように、そしてより肌に有効に働くように技術の開発が待たれます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ