本気の保湿ケアで肌に潤いのバリア機能を

乾燥肌と敏感肌。どちらも良好とはいえない状態の肌ですが、これらの原因は、実は同じであるともいえるのです。

乾燥肌とは文字通り、水分が不足し、乾いた状態の肌です。鏡で見ると白く粉が浮いたように見えることもあります。

保湿ケア

保湿によるバリア機能

皮膚は、外からの刺激物質をブロックするバリア機能を持っていますが、乾燥肌が進行して、肌表皮の角質層が乱れると、機能が弱まります。そうすると、経験のある方もいらっしゃるかもしれませんが、いつも使っている化粧水なのに、ある日突然、肌にしみたり、慌てて鏡を見ると、何だか肌も荒れている…といったことにもなります。これが、いわゆる敏感肌なのです。

敏感肌は、乾燥肌が進行した結果ともいえますので、普段から、肌を乾燥させないようにすることが大切です。

さて、お肌にとって一番必要なことは何でしょうか。それは保湿です。保湿とは、保湿成分を、角質層にまでしっかりと浸透させることです。肌が乾燥していると、化粧水などで、とりあえずは水分を補給しようとします。これはこれで必要なことですが、与えるのは肌の表面ではなく、その下の角質層であることを意識しましょう。

角質層には、角質細胞と、そのまわりに角質細胞脂質があり、水分を保持する機能があります。その為、角質層に水分を与え、維持することが、うるおいのある肌へと繋がっていくのです。そして、角質層に水分を与えた後は、そのせっかくの水分が蒸発してしまわないよう、乳液やクリームで覆ってしまいましょう。これが保湿です。

しっかりお手入れしているつもりだけど、肌がつっぱる感じがする…と悩んでいた人は、実は、きちんと保湿ケアができていなかったということかもしれません。

保湿ケア

保湿ケアをする最適なタイミング

保湿ケアをする最適なタイミングはお風呂上りです。お風呂に入ってリラックスし、肌の汚れも落とされた状態の肌(角質層)に水分をたっぷり与えた後、しっかりと保湿ケアをしましょう。お湯でしっとりした肌=うるおいのある肌と勘違いしてしまいそうですが、お風呂から上がってそのままにしていると、肌の水分はどんどん蒸発していく一方ですので、保湿ケアは、お風呂から上がった後、なるべく早く行うことがポイントです。

ただし、間違った方法での保湿ケアは、かえって逆効果になります。顔に化粧水をつける時に、コットンで顔をこすると、肌を傷めることもあります。化粧水やクリームを顔につける時は、指の腹や手のひらを使って、やさしく肌に押しつけるようにして浸透させるようにしましょう。

定期的に保湿のスペシャルケアを

そして時には、スペシャルケアも楽しんでみませんか。お肌はいつも、紫外線や埃など、外からの刺激にさらされています。また、真冬の季節や花粉が飛ぶ季節は、特に空気の乾燥がひどいので、いつも以上にお肌も乾燥してしまいがち。化粧水や美容液が、肌の奥まで届いていないと感じたら、スペシャルケアの出番です。

例えば、顔に貼るシート状の保湿パックの場合、リラックスした状態で、顔全体に、水分はもちろんのこと、保湿や美容成分まで染み込ませることができます。

ただし、長く貼っていればいいというものでもありませんので注意してください。シートが乾燥するまでにはがさないと、今度はせっかくうるおった肌の水分が奪われてしまいますよ。

他には、シリコンやクリームタイプの保湿パックもありますので、ご自分に合ったケアを見つけてください。

普段のケアをした後に、クリームなどを使って、手でゆっくりマッサージをするのもおすすめです。その時には、力を入れすぎたり、長い時間こすり続けたりしないでくださいね、シワの原因になりますので。

保湿ケアを、やさしく、毎日少しずつ、かかさずにすることが、トラブルのない肌への第一歩かもしれません。

保湿ケア


サブコンテンツ

このページの先頭へ