保湿コスメを選ぶ上での注意ポイント

自分が使っているその保湿ケアはどういう風に作られているのか考えたことってありますか?多くの化粧品は、合成界面活性剤等を使われています。

保湿を妨げる原因!合成界面活性剤とは?

kiken

水と油は本来混ざらない性質を持っています。しかし、簡単に混ざる方法が乳化剤です。この乳化剤が合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は、水と油のように混ざらないものを、界面活性剤によって混ざり合うように出来、洗浄力が高いと言われています。

保湿を妨げる原因!石油系合成界面活性剤の怖さ

化粧品は、お肌に直接栄養を与えることができるので、当然その化粧品はお肌に浸透していかなければ意味がないですよね。
合成界面活性剤は、さまざまな種類がありますが、その中でも「石油系合成界面活性剤」は、お肌の角質を壊し、浸透性を妨げる原因を作っています。角質を壊してしまったら、外部刺激からお肌を守ることもできません。

お肌に栄養分を与える為に、毎日化粧品を使うのに、これでお肌は「キレイ」になりませんよね。肌荒れの原因は、もしかしたら、化粧品に使われている石油系合成界面活性剤の悪影響によるかもしれません。

それなのに、使われているのかは、「コストの削減」によるためです。多く、安く、早く、販売するためには手っ取り早い手段なのです。ひとつの化粧品を作るのに時間がかかってしまうため、このように、多く、安く、早くして低コストにより、低価格で販売していることがあります。その商品の値段より、その化粧品の中身の成分は何が使われているのかを保湿された肌作りをする上で、重要視することが大切です。

保湿を妨げる原因!合成防腐剤

防腐剤は、化粧品の持ちを良くするために、使われるもので、ほとんどの化粧品に配合されています。お肌に刺激を与えてしまう防腐剤ですが、フェノキシエタノールやパラベンものその一つです。開封したものが、何年も残ったまま使うのは、良くないので、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

片側の頬だけニキビができたりするのも、お手入れしたときに意外と左右で水分量が違ったりするので、まんべんなく均等につけたりするなどして、十分にお肌全体に行き渡れば、ちょうど良く使い切ることができますよね。

保湿を妨げる!合成香料

化粧品の中には、香料が入っているものもありますよね。香りがリラックス効果をもたらしているように思いますが、その香料がお肌に刺激を与えている可能性もあるので、気をつけましょう。

そのアイテムで保湿できているのか?

安いからいいやと安易に買っても、保湿できたお肌を保つことができるのでしょうか。エステに行かず、ご自身の保湿ケアで「キレイ」になるのなら、その保湿ケアに使われている「成分」を理解して、自分のお肌に合ったものを使うのなら、安いのではないのでしょうか。エステに行かなければ、お客様のお肌の状態は分からないし、キレイを作ることはできないですね。いかに、自分で毎日お手入れをしていく保湿ケアの選択で、キレイを作っていくことが大事だと思います。

保湿ケアを手にすると裏に、成分が表示されているので、見てみましょう。しかし、どの成分が良くて、何を意味するものなのか分からないことが多いですよね。正直、上記に挙げた合成成分の不使用のものを探していく方が大変なぐらい、あらゆるところで使われています。

保湿ケアには敏感肌にも使えるものを

敏感肌に、使えるものでしたら、「やさしさ」を重視しているので、一般で販売されているものより、安心して使えます。特に、生理前、妊娠されている方、アトピー肌などの方は、お肌がデリケートになっているので、配合されている成分に気をつけるといいでしょう。

今までは、お肌に何の影響もなかった人も、もしかしたらこれからお肌に、しみやニキビなどトラブルになって、出てくるかもしれません。そういった方にも、敏感肌にも使える保湿ケアアイテムでしたら、安心ですよね。

安心!保湿ケアのおすすめアイテム

女性は、妊娠、出産、してお肌の影響に関わっていくぐらい環境が変わることがありますよね。そうなっていくとなかなか、化粧品までお金をかけられなくなっていきますよね。しかし、自分に合ったものを見つけていけば、余分なものを選ばなくて済むし、安いものを選びがちだと思いますが、値段ではなく、お肌に負担が少ないもので、更にトラブル改善に適した成分にこだわった「中身」を選ぶことが大事です。


サブコンテンツ

このページの先頭へ