色黒も美白ブームに合わせた美白ケア

こんがり小麦肌が流行した時代もありました。その当時は、健康的な水着姿の女優さんが化粧品メーカーのCMの主役でした。

地黒

2昔前くらいまでは、紫外線をたくさん浴びることは健康にとても良いとされていました。時代の流れは変化して、今は美白ブーム。科学の発達とともに紫外線による健康被害がわかってきて、予防をすることが常識になりました。

「地黒だから、美白ケアやUVケアなんてしても効果がない。」と、UV対策や美白ケアに無関心になっていませんか。住んでいる場所の気候により、白い肌・黒い肌・黄色肌などいろいろあります。ご存知の通り、それには紫外線の強さが深く関わっています。

必要に応じた肌の色に生まれてくるということです。ですから、もともとの肌の色以上に真っ白にすることは出来ません。だからと言って放っておいて良いのでしょうか。

地黒だって、お手入れ次第で美肌になれます。美白ケアとは、肌の色を白くするというよりは、お肌の透明感を引き出すお手入れです。美白ケアは、お肌のキメを整えお肌を健康な状態にします。潤いがありキメ細やかなお肌は、白く輝いて見えます。地黒だと言って嘆いてあきらめていた人も、きっと今までのお肌との違いを実感することでしょう。

今、地黒で嘆いている人も、赤ちゃんの頃はモチモチのつやつやだったのです。もともとが今のような色や質感だったわけではありません。生まれてから現在まで浴びた紫外線による日焼け・乾燥・しわ・シミ・くすみなどの悩みを美白ケアによって解消しましょう。だんだんキメや潤いが戻ってきて、美肌に近づいていくのではないでしょうか。

美白ケアのポイント

紫外線から守ってあげましょう。紫外線は、曇りの日も冬も一年中降り注いています。一年を通して、UVケア対策を心掛けましょう。日焼け止めを使用したり、ファンデーションもUV効果があるものを選びます。メラニン色素の増加を食い止めましょう。美白美容液や美白クリームなど、自分に合ったお手入れをします。

お肌の奥から浮き上がってしまった、メラニン色素を排出させましょう。パックやマッサージ等で新陳代謝を促進し、お手入れ不足で遅くなってしまったお肌のターンオーバーの周期を速めましょう。ただし、ターンオーバーは遅すぎても速すぎてもダメです。パランスはとても大事です。シミを消したいばかりに強い力でこするようなマッサージなどは、逆にお肌を傷めるのでやめましょう。このようなポイントに気を付けてお手入れすることによって、お肌は見違えるほど変わります。遅くはありません。今日から始めましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ