地黒は白くならない?

あなたは美白ケアをしていますか。「地黒だから美白ケアなんてやってもムダ。」などと言ってあきらめてはいませんか。

地黒白くなる

メラニン色素

色白の人も地黒の人も、紫外線を浴びると日焼けをします。では、なぜ紫外線を浴びると肌が黒くなるのでしょう。これは誰もがご存知のとおり、メラニン色素の仕業です。でも、ごの黒くなる原因となるメラニン色素は、皮膚を紫外線から守るという大事な役割をしています。メラニン色素という厄介ですが必要なものとうまく付き合っていかなければなりません。

紫外線

どんよりと曇った日でも、意外に紫外線は強いものです。家の中にいても、窓ガラスから陽射しが差し込んで紫外線を浴びています。ベランダで、洗濯物を干したり取り込んだりする時も油断なりません。普段の生活の中でも、みなさんが思っている以上に紫外線の影響を受けているのです。

地黒は紫外線を吸収しやすい

衣服などでも、白は紫外線を反射しますが黒は紫外線を吸収すると言われています。色白肌より地黒肌のほうが黒くなりやすいなんていう話を聞いたことはありませんか。地黒だからとあきらめて美白ケアをしなければ、さらに肌は黒くなります。衣服を着けていない腕や脚は地の肌色(胸とかお腹とか)と比較すると、紫外線に晒されて日焼けしていますよね。元々の肌色まで戻ることができる可能性があるのなら、美白ケアはやるべきです。それでもあきらめますか。

地黒の美白ケアの方法

意外に知られていないのは保湿。美白ケアの中で、保湿は非常に大事です。保湿を充分にしてから美白美容液・クリーム等を使用することは、とても効果的なことです。

本来の白肌を取り戻しましょう

気負って、いっぺんにあれもこれもとしなくても、出来ることを少しずつ足していけば、美白ケアの習慣が身に付いていきます。身に付いてしまえば、なんのことはない当たり前のことになります。美白ケアをする→本来の肌の白さを取り戻す→美しくなる→気持ちが軽やかになる→毎日が楽しくなるこのように心も変化していくのではないでしょうか。毎日の習慣に美白ケアを取り入れて、今より素敵なあなたを目指しましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ