妊娠中、産後のしみ美白化粧品

なんで、妊娠するとシミがふえるの?

妊娠による、ホルモンバランスの変化によって、エストロゲン、プロゲステロンなどが増加します。これらが、色素細胞(メラノサイト)を刺激することにより、メラニンが多い状態になります。

妊娠中、産後のしみ

また、紫外線への感受性が高くなり、シミも非常に出来やすくなってしまいます。普段はシミができなかった方にも、高い割合でシミが、現れてしまうことが多いです。

妊娠中、産後のシミ対策は?

妊娠中、産後のしみ

妊娠中に出来てしまったシミ対策は、出産前と、出産後に分けて考える事が重要です。

妊娠中しみケア

妊娠による、ホルモンバランスの変化は、しかたないものです。妊娠中は、肌の状態が不安定なので、なるべく刺激を抑えた、しみケアが必要です。妊娠中に、なるべくシミが出来ないようにするために、アルブチンやエスクレシドで、肌の中のメラニンの生成を抑える事も大切です

妊娠中のしみケアは、なるべく刺激を抑えた、しみケアが◎

妊娠中のしみ

妊娠中のしみケアはサエルがオススメ。

敏感肌のために開発されたサエル。妊娠中の刺激に弱い肌を、優しく守りながら、美白ケアをします。サエル独自のヴァイタサイクルベールが、バリア機能を強化して、妊娠中の不安定な肌を守ります。エスクレシド・アルブチンが、メラニンに優しくアプローチします。

敏感肌用の美白成分で、肌に優しい「しみケア」

妊娠中や産後の美白化粧水

今なら、30日の全額返金保証付き。

産後しみケア

産後は、とにかくシミに対して有効な成分で、シミに直接働きかける事が大事です。妊娠時のホルモンバランスの変化で、居座ってしまったメラニンを、早く抜き出しましょう。出来てしまったシミには、「新安定型ハイドロキノン」がおすすめです。

出来てしまったシミには、「新安定型ハイドロキノン」がおすすめです。

産後のしみ

産後のしみケアには、アンプルールがオススメ。

モンドセレクション金賞受賞の「シミ消し化粧品」。アンプルールだけの安定型ハイドロキノンで、安全&効果的に「しみケア」。美容皮膚科でも使用するドクターズコスメで妊娠中も安心して使えます。ハイドロキノンによる、他の化粧品にはない圧倒的なシミ消し効果。保湿力も高く、モッチリ肌に仕上がります。

モンドセレクション金賞受賞。NO1美白化粧品

しみ、そばかす化粧水

今ならトライアルセットが、1,890円。

妊娠中・授乳期にハイドロキノンは大丈夫?

通常ハイドロキノンは、効果の高い反面、酸化や温度などによって、成分の安定が難しかったのですが、アンプルールが開発した安定型ハイドロキノンなら、成分の安全性を、徹底的に確保する事に成功しました。妊娠中、授乳期でも、安心してシミ対策をする事が出来ます。

 妊娠におけるホルモンバランスの変化で、ご自分の肌が不安定と思われる場合は、控えた方が良さそうです。

妊娠中のしみは、産後に治りますか?

妊娠中・産後のしみ
妊娠中に出来たしみは、出産後に戻るケースがあります。

しみには種類があり、紫外線によるしみは「老人性色素斑」と言い、妊娠中によりエストロゲンの増加が原因でなるしみは「肝斑(かんぱん)」と言います。紫外線によるしみは、もともとあったシミなので治りませんが、ホルモンバランスの乱れが原因ででてき肝斑のしみは、出産後2~3ヶ月経過することで治ります。

しかし安心しては、いけません。妊娠中は、メラノサイトが10倍にも増加するので、紫外線の影響を受けやすい状態です。そのため妊娠中にしっかりとケアされていないと、しみが戻らなくなってしまい、もともとあったシミが濃くなる割合が高くなってしまいます。

しっかりと紫外線ケアを行い、肌の調子を整えておくことで、産後にしっかりとしみが治るように予防することが大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ