産後のしみケア

出産を終えて、育児に追われる毎日の中で、鏡の中の自分の顔を見て、妊娠前に比べて、多くなったシミ・ソバカスが多いことに気がつき、がっかりしてしまった新米ママさんもいるはずです。

妊娠中・産後は女性ホルモンの影響でシミができやすい状態になっているのです。

産後のシミの原因

では産後のシミの原因は何でしょう?
下記の2点が主な原因です。

  • 妊娠中や産後のシミ・ソバカスは女性ホルモンが多く分泌して活動が活発化すること。
  • 妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れ。
  • 女性ホルモンの種類と働き

    女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

    エストロゲン
  • 妊娠中に増加するホルモン
  • 肌のハリやツヤを助けるコラーゲンやエラスチンを維持
  • 肌の老化や衰えを促進する活性酸素の働きを抑制
  • プロゲステロン 
  • 妊娠中に増加するホルモン 
  • 胎児の成長に大切な胎盤を形成
  • 子宮筋の収縮を抑制
  • シミ、ソバカスの原因となるメラニン色素を作るメラノサイトを活性化(デメリット)
  • 産後は、プロゲステロンの分泌量は急激に減り、メラニンの生成も抑制されますが、ホルモンの分泌が妊娠前のように戻り、安定してくるのには、半年ほど後になるのでシミ・ソバカス対策は、バッチリ行いましょう。

    産後の美白ケア

    san

    産後は女性ホルモンのエストロゲンも急激に減るので、お肌を守る力も低下し、外部からの刺激にも無抵抗の状態になってしまいます。紫外線その他の刺激を受けると弱くなった肌が炎症を起こしてしまうこともあります。そんな状態になり、体調も十分戻っていないと色素が沈着してしまうことがあります。

    妊娠中に紫外線などの刺激を受けた肌のダメージやホルモンバランスの乱れは、出産後すぐに解消するわけではないので油断してはいけません。

    シミやソバカスはできてしまうと、消すことはなかなか厄介です。予防の意味も込めて、産後も日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、日傘や日よけの帽子を使用する等の、紫外線対策は手を抜かないようにしましょう。

    日焼け対策は、暑い夏だけには限りません。晴れた日は一年を通してしっかりするようにしましょう。

    産後の肌はとても敏感になり、刺激にも弱くなっています。肌に優しい無添加、低刺激の美白化粧品をよく選んで使うことです。今まで、何でもなかった化粧品が合わなくなっているということも考えられます。

    産後の食事と美白ケア

    ビタミンCはメラニンの沈着を防ぐ働き、ビタミンAは新陳代謝を促進する働きがあります。これらのビタミンを含む、食品を口から食べて、意識的に十分摂ると、体の内側からシミ対策をすることができます。

    ビタミンCはレモンやイチゴなどの果物以外に、赤パブリカやブロッコリー、意外にもじゃが芋などにたくさん含まれています。ビタミンAは緑黄色野菜が有名ですが、ウナギや鶏のレバーや豚肉も豊富に含まれています。産後、体力の回復も含めて、食事にも気を使って、美肌で美しいママになってください。


    サブコンテンツ

    このページの先頭へ