目元のしみ・そばかすに効果的な美白化粧品選び

目元のしみ・そばかすは…

目元のしみ・そばかすが気になるという女性は多く、目元は皮膚が薄く、ちょっとした刺激で、状態が悪化しやすいので、ケアの方法には、気を付ける必要があります。

シミをそのままにしておくと、年齢と共に濃くなってしまったり、消えなくなってしまう恐れがあります。

目元のしみ・そばかす 3

目元のしみ・そばかすの原因

目元のしみ・そばかす

外的刺激によるシミ

メイク汚れなどが、しっかりと落とし切れず残ったものによる色素沈着。必要以上に強くこすったり、洗いすぎによる、刺激超過の色素沈着。

メラニンが過剰生成によるシミ

日焼けにより痛んだ肌に、過剰なメラニンが生成されて、皮膚の内側にメラニンの芯が生成。

出来てしまった目元のしみケア

シミのない目元を手に入れるためには、次の2つを同時にケアする事が必要です。

次に出てくる、シミをしっかり予防する「予防美白
既にあるシミを薄くする「治療美白

目元のしみ・そばかす

「予防美白」

「予防美白」ビタミンC誘導体や、アルブチンで、メラニン生成を防ぐ。

次に出てくるシミをしっかり予防するために、シミの原因となるメラニンの生成を抑制することが必要です。メラニンは、チロシンというアミノ酸と、チロシナーゼという酵素が結びついて生成されます。ビタミンC誘導体やアルブチンなどの美白成分は、チロシナーゼの働きを抑制することで、メラニンの生成を防ぐ働きをします。また、シミの予防だけでなく、長期的に使用することで、出来てしまったシミを薄くする効果も期待できます。

「治療美白」

「治療美白」安定型ハイドロキノンで、シミを薄くする。

既にあるシミを薄くするために、メラニンに直接効果がある美白成分を選びましょう。・ハイドロキノン・エスクレシド・アルブチンなどが一般的です。その中でも、シミの消しゴムとも呼ばれている「新安定型ハイドロキノン」は、シミを薄くする事の出来る唯一の美白成分として、皮膚科などでも使用されています。

お肌のターンオーバーを促進してくれるもの

この2つの「予防美白」と「治療美白」を、早く効果的に働かせるためには、ターンオーバーの乱れを改善する必要があります。ターンオーバーが遅れることで、肌にメラニンが長く留まってしまい、シミやくすみとなってしまうのです。

ビタミンC誘導体などが配合された美白化粧品を使用することで、お肌の生まれ変わりをスムーズにすることができます。

目元のしみに、おすすめのアンプルール

安定型ハイドロキノンが配合されている美白化粧品はアンプルールだけです。初回限定のトライアルセットなら、かなりお得に試す事が出来るのでおすすめです。

「予防美白」と「治療美白」を同時にケア出来る、薬用美白化粧品です。

既にある目元のシミ・そばかすにスポット美白

安定型ハイドロキノンで、目元のシミにピンポイントでアタック。特に、スポット美容液(HQ110)のシミ消し効果がスゴイ。

これからの目元のシミ・そばかすも徹底ブロック

ハイドロキノン誘導体(アルブチン)や、ビタミンC誘導体が、まだ出てきていない、隠れシミの原因を芯から予防します。

モンドセレクション金賞受賞。NO1美白化粧品

しみ、そばかす化粧水

今ならトライアルセットが、1,890円。


サブコンテンツ

このページの先頭へ