美白化粧水を選ぶ3つのポイント

せっかく、お金を支払って化粧水を買うのですから、値段的にも妥当で、買ってみたけれど使えなかった!なんていう失敗はしたくないも のです。

美白化粧水

今までそんな無駄を繰り返して損をしてしまった皆さんに、これからは失敗しない、自分にはこれが一番という、お気に入りの美白商品を見つけていただける方法をご紹介します。

まず、美白化粧水を選ぶ時のポイントは3つあります。

しみ、そばかす

  • あなたのお肌に合ったものを選びましょう!
  • 美肌の基礎を作ってくれるものを選びましょう!
  • 美白成分が確かに入っているものを選びましょう!

そのポイントについて、少し詳しくご説明します。

「美人のタレントさんが使っているから」とか、「一流のモデルさんがコマーシャルに出演していたり、広告塔になっているから」という理由で 化粧品を自分でリサーチせずに、飛びついてはいけません。

当然のこと、有名人のおススメの化粧品が、たとえ良い化粧品でもあなたのお肌に合うとは限りませんよね。 欲しいと思った化粧品を買う前に、自分のお肌に合うかどうか慎重にチェックして下さい。他の人にはとても良い化粧品でも、お肌は年齢、肌質など、ひとりひとりみんな違うのですから。

レビューを参考にするのもよいことです。その化粧品を使った人の中にはいろいろな肌質の人がいるので、率直な意見が聞けます。あなたより、美白ケアに詳しい人もいるはずです。

P1010131

アンプルールの口コミレビュー
サエルの口コミレビュー
アスタリフトホワイトの口コミレビュー

サンプルがあれば、使ってみるのも賢明な方法です。

トライアルセットもお手軽な値段なので試してみたらいかがですか? 気合を入れて、美白化粧品をセットで買いそろえてみたものの、肌に合わない化粧品だったら高いお金を支払って大損です。

美白化粧品トライアルでお試しナビ

「日焼けしてしまったから、色白になりたい」と、美白化粧品をあわてて手当たり次第、買おうとするのは、感心できません。美白化粧品なら何でもいいというわけではないのです。

美白の基本は、美肌!

まず健康的なお肌を作った上での美白です。 お肌の基礎を作ってからでないと、いくら美白化粧品を使っても、あまり効果が出ません。

敏感肌の人は、まず強いイキイキとした肌を作ること。 新陳代謝の悪い人は、代謝のサイクルを正常にしましょう。 元気な肌の土台ができてから、初めて美白化粧品を使った時に、成分も効果が十分に発揮されるのです。

最後に、お金を支払ってせっかく買うのですから、やはり美白成分がたくさん含まれていなければ納得できません。
美白化粧品を購入する方たちには 「できてしまったシミを薄くしたい」 「顔のくすみをとりたい」 「赤ら顔を直したい」 など人それぞれのニーズがあります。

化粧品の成分がなかなかわかりづらいかもれませんが、美白化粧品の成分を調べて選ぶようにしましょう。案外、成分の特徴が、キャッチコピーや売り文句になっていることもあるので参考にしてくださいね。

日焼けのメカニズム

hiyake

皮膚に紫外線が当たる→肌を守ろうとしてメラニン色素をが増える→皮膚のターンオーバー→メラニン色素の多い表皮細胞が剥がれる→肌が元の白さになる。

これが正常な人の肌のサイクルです。

しかし、皮膚の老化や不規則な生活などで、新陳代謝がうまく進まないと、メラニン色素が表皮に残ってしまい、どんどんメラニン色素が作られ、なかなか消えないシミができてしまうのです。

美白成分の働き

メラニン色素の生成を阻止し、日焼けを抑制してくれるのが美白成分です。 数ある美白化粧品は、どんな性質の美白成分を配合するかによって、メラニン色素生成抑制のタイミングをコントロールしているのです。 美白化粧品でもメラミン生成と関係のない成分は、基本的に美白の効果がないのです。

しかし、ビタミンCのように、透き通ったような肌にする働きや肌荒れを防ぐ働きを合わせ持っている成分もあります。こんな成分は十分摂って、日焼けのシミからニキビ跡の黒ずみまで多方面にわたって予防効果があるので、日焼けによるシミを撃退しましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ