肌荒れの春に知っておきたい肌のバリア化粧水

春先の肌荒れ

花粉症の症状が出ると肌荒れに悩まされませんか。肌が赤くなったり、かさかさしたりするのは、花粉症の症状の一つです。

肌荒れ春

肌が荒れて乾燥肌になると、メイクのノリが悪くなり、気分が乗らなくて、外出するのもいやになりますね。花粉によって、引き起こされる肌荒れの原因を知って、花粉症と上手に付き合っていきましょう。肌荒れの原因と、肌荒れから守る方法をこれから説明しますので、ぜひ参考にして試してみてくださいね。

肌荒れの原因

花粉症は目が痒くなったり、鼻水が止まらなくなったり、くしゃみが出たりするアレルギー症状です。花粉が肌について、乾燥するのも症状の一つです。アレルギー反応によってダメージを受けた肌はとても弱くなっています。ほんの少しの刺激でも過剰に反応し、さまざまなトラブルを招いてしまいます。

肌荒れから守るには

外出をするとき

なるべく花粉がからだの中に侵入したり、肌に付着したりしないようにしましょう。ここ数年、ファッション性の高い花粉症用のメガネやマスクを見かけるようになりました。可愛らしい模様が入っているものやパステルカラーのものがあります。また、メイクをしていてもマスクにメイクが移らないように加工されているマスクもあります。こうしたものを上手に利用して花粉から肌を守りましょう。

肌のお手入れをするとき

乾燥肌、敏感肌用の刺激の少ない洗顔料を使って優しく洗いましょう。そのままの状態にせず、保湿性の高い化粧水や乳液を使います。目の周りといった特に乾燥しやすいところには、美容液を使うのもよいでしょう。また、肌に直接触れるタオル類やティッシュは柔らかい素材の物を使います。洗濯をした際も、室内に干すようにしたり、外に干したときは、花粉を振り払うようにしたりして細心の注意を払って、清潔な状態を保ちましょう。

花粉によってダメージを受けた肌は、肌を健やかに保つ機能が弱まっています。そこにさまざまな刺激を受けて、肌ががさがさになり、花粉が余計に侵入しやすくなっている状態を花粉症乾燥肌と言います。「私の肌荒れは、花粉症乾燥肌だったのね」と、肌荒れの原因がわかると、どう対処したらよいのかわかって、気持ちが軽くなりませんか。春先は肌のスペシャルケアができるよいチャンスです。いつもより丁寧に肌のお手入れをして、すべすべの肌が実感できたら、嬉しいですね。気分が明るくなって、ヘアアレンジやメイクを楽しむ余裕が生まれて、毎日が充実しそうです。花粉が飛ぶ時期を楽しく乗り切りましょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ