花粉症と肌荒れ対策

花粉症と肌荒れ対策

また、花粉症対策を考える季節になりました。マスクは常備、その他サングラス、サプリメント、医者に処方してもらった薬、と用意万端のつもりでいても、意外に知られていないのが、花粉症と肌荒れの関係です。

花粉 肌荒れ

花粉症が、乾燥肌の要因になり、乾燥肌が花粉症をひどくするということを知っていましたか。花粉症の季節には、絶対にお肌を乾燥させないように気をつけることが大切なのです。お肌の乾燥に気をつけていれば、いつもの年より、かゆみや赤み、肌荒れを気にせずに、花粉症の季節をのりきることができます。

花粉症による肌荒れを防ぐための方法

どうしたら花粉症による肌荒れを防ぐことができるか、ファンデーション、クレンジング、美容液、洗顔料、ヘアケアの面から、見ていきましょう。

ファンデーション

油分の少ないものを使います。油分が多いと花粉がつきやすくなるのはわかると思います。べとべとしたノリは何でもよくつきますよね。オイルフリーであるか、確認しましょう。と同時に乾燥からお肌を守ってくれるものであることが必要です。個人的におすすめなのは、オールインファンデ。ファンデーションだけではなく、化粧水、乳液、化粧下地、コンシーラーと、日焼け止めなど、様々な効果をもっているファンデーションのことです。リキッドタイプのものは、オイルフリーのアイテムも多く、美容成分もあって保湿の面では向いています。パウダータイプのものでは、天然のミネラル(鉱物)だけで作られたミネラルファンデがいいようです。オイルフリーと、保湿の効果が得られて、自分の肌にも合うファンデを選んでください。

クレンジング

帰宅後は、早めにメイクを落としてください。決して、お肌に花粉を付いたままにしないようにしてください。クレンジングはオイルクレンジングではなく、ミルクタイプがおすすめです。

美容液

鼻をかんだり、目をこすったりしてお肌が乾燥して、バリア機能も弱まっています。蒸発する水分を補おうとして、クリームや乳液を使うことは避けましょう。油分の多い化粧品は、花粉症の季節には向きません。
お肌内部に浸透して、バリア機能の回復を助けてくれるような美容液を使うようにしましょう。お肌が刺激に弱くなっているので、ふきとりタイプではなく刺激も少ないものにします。

洗顔料

洗顔は、いつも以上にやさしくしましょう。使うお湯はぬるま湯で、こするのではなく、なでるように手短にすませます。ピーリングやスクラブは、お肌のバリア機能を失いやすいので花粉症の時期は避けましょう。また、ピーリング成分の入った洗顔石鹸もあるので気をつけてください。

ヘアケア

髪に花粉がまとわりつくので、帽子を着用することも、花粉症対策になるでしょう。ついてしまった花粉は、帰宅後、メイクオフのついでに、軽くシャワーを浴びて花粉を落とす習慣をつけることもいいです。

花粉症の時期はいろいろ辛いこともありますが、改めて自分の肌に向き合うことができるチャンスでもあります。日頃の保湿ケアを見直したり、自分に合うファンデーションを見つけたりできる可能性もあります。花粉症対策は、肌の面からいえば乾燥肌対策になります。いろいろな知識を仕入れて、活用しながら花粉症の時期をのりきりましょう。

花粉肌荒れ


サブコンテンツ

このページの先頭へ