肌のくすみを改善する方法とは

子供の頃は少しくらい日焼けをしても、大した日焼け対策をしなくてもシミなど出来なかったのに、いつのまにか増えてしまったシミやソバカス。それだけでなく顔全体がくすんでしまうと、印象がワントーン低くなり、見た目年齢を一気に上げてしまいます。

多少のシミやくすみは、メイクでカバーできますが、濃いシミやくすみを消そうとするとどうしても化粧が濃くなってしまい、化粧崩れや顔だけ変に浮いてしまったりとなかなかうまくいきません。顔のくすみの大きな原因は加齢や紫外線によるものと言われています。紫外線やストレスなどにより生成されたメラニンによって、顔全体がくすんでしまうのです。

しかし、もともとメラニンは肌を外部の刺激から守る大切な役割を果たしています。もしもメラニン色素がなければ、皮膚の奥まで紫外線が入り込みちょっと太陽の光を浴びただけで、炎症を起こしてしまう事になります。このように、健康な肌を保つためにある程度のメラニンは必要不可欠なのですが、長時間紫外線を浴びることで過剰にメラニンが生成され、そのメラニンがいつまでも肌に残ってしまうとシミやくすみの原因となってしまうのです。

年齢とメラニンの変化

若い頃はいくら日焼けをしてメラニンが作られても、ターンオーバーが正常に行われるため、角質と一緒に余分なメラニンも排出されます。そのため、メラニンが皮膚に留まることがなくシミもできません。

しかし、肌のターンオーバーがピークを迎える20代以降は、代謝が悪くなりメラニンが皮膚内に留まる期間が長くなり、結果的にくすみの原因となってしまうのです。

それでは、加齢とともにくすみやすい肌をどのように透き通るような肌へと変えていけばいいのでしょうか?下のポイントに気を付けることで、今よりもずっと透き通ったきれいな素肌へと戻すことができるのです。

肌のくすみを改善

くすみを改善するためのポイント

なるべく紫外線に当たらないようにし、メラニンの生成を防ぐ肌のターンオーバーを正常化し、古い角質やメラニンを排出する美白化粧品で肌の状態を整える。あたりまえの事ですが、この3つのポイントを抑えながら「美白化粧品」を選びましょう。

一言で美白化粧品といっても様々なものがあります。顔全体のくすみが気になる場合は、ハイドロキノンのようにできてしまったものを薄くしたり消してくれる効果のあるものや、ターンオーバーを正常化してくれる成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。また、普段から規則正しい生活や食生活を心掛けることで、体の内側と外側両面からアプローチすることができます。これが美白への一番の近道となるでしょう。


サブコンテンツ

このページの先頭へ